魚を美味しく食べる方法

実はルードヴィヒフォンケッセルという一人の熱狂的なモーツァルトファンの名前だそうです。
元々は植物学者だったけヘルですが彼はモーツァルト月が高知で1862年にモーツァルトの全作品を年代順に編集して出版その際モーツァルトの作品につけた通し番号が消える番号だそうです。
この本は後に数人の手で改定が行われていますがデリヘル番号だけはそのまま使われ続けているそうです魚は洗うと美味しくなる板前さんは三枚におろした魚をよく水洗いします。
特に白身魚の場合は何度も何度も洗います白身魚は実はよく洗った方が美味しいのです今屋台には荒いという料理法までありますなぜ白身魚は洗うと美味しくなるのでしょうかをこれは白身魚の筋肉の中に含まれている ATP アデノシントリホスフェートという物質がその鍵となっています。
この物質は泥水をかけると筋肉を縮ませる性質を持っていますそのため水で洗うと魚の身がよくしまって歯ごたえ味ともに良くなるというわけなのです