肌に優しいメイク落としの方法

お化粧は、女性をきれいにするためには欠かせないものですが、メイクをすることも、メイクを落とすことも、皮膚へのダメージにつながります。適切なメイク落としができずにいると、思いもかけない肌トラブルが発生してしまうことがあるので、気をつけてください。皮膚に蒸気を当てて、毛穴を開かせてから、メイク落としをするようにします。そのためには、蒸しタオルや、スチーマーが役立ちます。お肌に十分な水分を加えることによって毛穴が開き、毛穴の奥のほうまできれいに汚れ落としが可能になります。弾力のある泡をたっぷりとクレンジング剤でつくってから、リンパ腺に沿ってマッサージをするように泡を顔につけていきます。お肌のターンオーバーを促進するために、リンパの流れに沿ってお肌を刺激し、リンパ液が流れやすい状態にします。メイク落としに使うお湯は、あまり熱すぎないぬるま湯にします。冷たい水で顔を洗うと毛穴がキュッとしまって、逆に汚れ落ちを難しくすることがあります。メイク汚れをきちんと落としてから、仕上げのすすぎに水とぬるま湯を交互に使うと、刺激になって血流が促進されます。ただし、冷水と温水で交互に顔をすすぐと、お肌のコンディションを整える効果がある一方で、肌のバリア機能が低下する恐れがあります。皮膚にメイクの洗い残しがないようにすることも大事ですが、洗いすぎで皮膚を痛めてしまうということがないようにしてください。しっかりとメイク落としを終えた後は、化粧水や、クリームを使ってのスキンケアをちゃんとやっておくことも大事です。
LINE 融資即日