我が家にとってのブリアンのメリット

技術の進歩に伴い、子供矯正にも新しい形が登場してきました。
今日では、表面・裏面のどちらにでもワイヤーを取り付けることができます。
歯の裏側に付けるタイプは、ワイヤーが外から見えないのが利点ですが、口腔内が傷付きやすかったり、表側よりも矯正に時間がかかるなどのデメリットも存在します。
これに対し、表側に矯正器具を付ける場合、周りに目立ってしまうのが難点ですが、今時は透明や白のブラケットも出てきたので、なるべく周りに目立たないものを選択する人が多いようです。
歯のヤニや黄ばみをなんとか落とせないかと思っていたのですが、ぴったり、ブリアン歯磨き粉消しゴムが店で売っていたので、買ってみることにしました。
頻繁には使用しないようにおみせの薬剤師の方にもアドバイスされていたのですが、簡単に歯が白くなるとあって、二日に一度は使っていました。
一定の間隔をあけずに使ってしまうと、表面組織に損傷を与えてしまうということが落とし穴であると後から知りました。
何か月か前にようやく子供矯正が完了したばかりだったことも、歯に損傷を与える一因になったのかも知れません。
虫歯菌を矯正するにあたっては、マウスピースを使う方も居ると思います。
マウスピースの利点と言えば、あまり目立たないというところが大きなメリットだと言えます。
一目見た時に「矯正している」と分からないのは当然ですが、子供医の計画によって装着時間が短いものもあります。
たとえば、自宅にいる時だけや睡眠時のみの装着で大丈夫ですから、誰にも気づかれること無く歯列を整えることが出来ますので、矯正中の口元の審美性にこだわる方には良いかも知れません。
綺麗な白い歯を保つブリアン歯磨き粉。
これは、子供で方法を教われば自宅でも行なえます。
歯に装着するマウスピースという器具を歯医者さんでつくり、これを使って専用のジェルを歯に染み込ませていきます。
子供にかからず、市販のマウスピースを使って行うブリアン 歯磨き粉も主流になりつつあります。
安い費用でできるという利点がありますし、市販アイテムの種類や使いやすさも、一昔前とは比べ物になりません。
子供矯正などとも合わせて行なえば、美しさの大事なポイントである「口元の印象」を大幅に改善できます。
たくさんの方が利用されている子供矯正。
器具を付けてから、取り外せるようになるまでの時間は、人によって差が出ますが、最短の場合でも一年、長いと三年程度は掛かるものと思っておくといいでしょう。
ここは完全に人によりけりですから、これより早くできたり、逆にもっと長くかかる場合もあります。
大人の歯列矯正は、手間や時間が子伴に比べて段ちがいなので、思い立ったらすぐに歯医者さんに相談するといいでしょう。