営業職が向いてない!辞めて転職すべき?

・営業職があまりに向いてない!
・人とのコミュニケーションが苦手!
・ノルマや押し売りに弱くてまったく契約が取れない!

そんな営業職に向いてないと嘆く人は多いです。
向いてないなら辞めて転職すべきでしょうか?

結論からいえば、転職しましょう。
なぜなら、仕事なんていくらでも存在します。

日本には17000種以上の職業(仕事)が存在します。
営業職に就いて、営業職は向いてなかった、と経験できただけでも働いた価値はあるといえます。

次なる仕事は営業職以外のデスクワークやパソコンを使う仕事。
ノルマなど強制を強いられる職種は選ばず転職するのが賢明です。

例えば、事務職や経理、管理部門など。
営業職と真逆の仕事を選ぶのが良いでしょう。

デメリットに感じる仕事を続けても得られるものは少ないです。
メリットを感じる、向いてる仕事を早く探して就くのが人生100年時代を生き抜く知恵ともいえます。

参考:【営業職が辛い】辞めたいほど向いてない時に取るべき行動は転職一択