伸縮性を失わないためにも着圧レギンスは洗濯方法にも気を付ける

適度な力を筋トレやエクササイズなしで自然に和得ることができるのが着圧レギンスであり、いったん着用さえしてしまえば本人が何かしなければならないことはありません。
履くだけで理想のレッグラインに導く、女子にとって理想的なアイテムでもあります。
適度な圧は履いた瞬間から加わりますが、その設計は通常のレギンスにはない特殊な加工技術です。
いったん着用をしたら適度に選択をする事になりますが、他の洗濯物と同様に洗うと伸縮性が無くなってしまうかもしれません。
普通のレギンスやストッキングに靴下などは、洗濯ネットなどに入れてガラガラと洗濯機で回しても問題はないものの、着圧レギンスの基本的な洗い方は手洗いです。
数多くの着圧レギンスの市販があるので一概には言えませんが、手洗いをして干す場所は陰干しというのが最もポピュラーになります。
洗濯機ほどの強力なアクションで洗う事にならない手洗いをして、強烈な直射日光を当てることなく陰干しで穏やかに干すことで、特殊加工の伸縮性は簡単に失われることにはなりません。
いずれにしてもメーカーや商品ごとに洗濯時の注意事項には違いがありますから、よく確認の上で選択と保管を心がけることです。
また着用をする時間も意識をする事であり、24時間連日着用し続けるのが正解ではありません。
あまり長い時間圧力をかけすぎると、巡りが若干疎外をされてしまうためです。
長くても12時間をオーバーしないこと、適度な時間で効果的に着用をするようにします。
>>大流行の着圧レギンスはこちら