今後も生き残る将来性のある仕事について考察してみる。

・今後も生き残る仕事
・将来性のあるくいっぱぐれない仕事

このような仕事について考えたことはあるでしょうか。
多くの人は考えてはいないことでしょう、なぜなら仕事はなくならないと考えているから。

しかし、確実に「生き残る仕事」「なくなる仕事」は明暗を分けつつあります。

例えば、運転手やドライバーの仕事。
すでに無人で動くモノレールは実用化されていますよね。

出発地点から目的地点まで安全に運転する仕事。
この「安全」を担保することが出来れば非常に単純な仕事。

言ってしまえば誰にでもできる仕事です。
このように単純作業、単純な仕事で成り立つ仕事は「無人」によって取って代わられつつあります。

それが「AI」の導入加速です。
ロボットや5G、DXなどのIT技術の進歩によって人間がやらなくてもよい作業がロボットに代替される時代が訪れようとしています。

さらに驚くなかれ2030年までには労働人口の49%が人工知能やロボットに代替される可能性があるとの調査報告書も出されるほどです。

あなたの隣にも「ヤツ」は備えられるかもしれません。
そう、そのヤツとは賢く従順なロボットが。

いずれロボットが大いに活躍する時代は訪れます。
そして、ロボットが得意とする単純作業を行う労働者は職を失う可能性があります。

なので、今の内からスキルや経験を積んでおく必要があります。
これから将来性のある、需要のある、生き残る仕事の代表的なスキルが「ITスキル」になります。