プロミスシンデレラ、とうとう早梅が旦那と対決。

プロミスシンデレラ、とうとう早梅が旦那と対決。
未練タラタラですが、そんなウジウジしているのを見て壱成が乗り込んで…
バトってますね。
プロミスシンデレラの3話の感想としては、早梅の旦那も、最後に芸者に遊ばれて捨てられるので「ざまーみろ」という感じです。
あ~情けない。
ところでテレビを見ていると、ニュース速報でオリンピック選手がメダルを取るたびお知らせされています。
史上最年少記録や兄弟記録などスマホのニュースアプリの通知音も忙しい。メダルが全てだとは思わないけれど、やっぱり嬉しい気分になります。
メダルを見ていて、ふと私は何かで表彰されたことがあっただろうか?と考えてしまいました。
特別に何かに打ち込むこともなく何となく要領よく生きて来たタイプの人間なので、スポーツに打ち込んだ記憶はないなと思っていたら遠い昔を急に思い出したんです。
もう、昔話になるくらいの幼少期先輩を差し置いてレギュラーになったバレーボール。
親に言われて習いだした書道。
周りから頼まれて参加したバイクレース。
どれも賞をもらっていたことを。
自分も何かで頑張った記憶があることにホッとしました。