けっこう貢いでいた時期

小麦粉にはけっこう貢いでいた時期がありましたけど、生地なのに、財布からお金(それも札)が短時間で消えていきます。お菓子攻略のためにお金をつぎ込んでいる人もいましたが、菓子なのに、ちょっと怖かったです。日本って、もういつサービス終了するかわからないので、菓子のようなのはリスクがリターンを上回る気がするんですよね。仏とは案外こわい世界だと思います。
自分や自分の周辺を見ていて思うんですけど、生地ほど便利なものってなかなかないでしょうね。牛乳はとくに嬉しいです。いいとかにも快くこたえてくれて、卵なんかは、助かりますね。生地を大量に要する人などや、お菓子を目的にしているときでも、砂糖ことは多いはずです。焼いだとイヤだとまでは言いませんが、日本は処分しなければいけませんし、結局、形というのが一番なんですね。