おとり捜査

パトロール隊員が、人気のあるバーの外で飲酒運転をする客を逮捕しようと待ち構えていました。
バーの閉店時間になると皆が出てきたところで、彼は獲物となりそうな人物を見つけた。
その男は明らかに酔っぱらっていて、ほとんど歩けない状態だった。彼は数分間、駐車場を歩き回って自分の車を探していた。
5台の車のキーを試した後、彼はようやく自分の車を見つけた。
他のお客さんが帰るのを見計らって、彼は10分ほど車の中に座っていた。ライトを点けては消し、ワイパーを点けては消した。彼は草むらに向かって車を走らせ、そして止まった。
そして、最後の1台になると、道路に出て走り出した。それを待っていたパトロール隊員は、ライトを点灯して男を停車させた。
飲酒検査をしてみると、なんと男のアルコール値0.00を記録した。パトロール隊員は呆然とした。
「この装置は壊れているに違いない!」と彼は叫んだ。
「いえ、今夜は僕がおとりですからね」と言った。